IMG_0996

簡単じゃないから面白い

またまた間をおいての投稿となります。意を決してチャレンジしたMarukatsu吉祥寺は5/26無事オープンしました。

IMG_1009

プレオープン(40%引き)の際にイメージしたほどいいスタートは切れませんでしたが、よくよく考えたら市場にないコンセプトを投じるメリットとデメリットは、ブレイクアウトすると成長のポテンシャルを有することができるが、ブレイクアウトするまでというのは比較するものも、利用イメージを有して使うこともできないので当然ながら難しいものです。そんな当たり前のこと落ち着いて考えれば分かることで、実際ここカナダでメリットもデメリットも経験済みでした。

とはいえ、いいイメージを最初から描かないと勇気を持って起業することなどできないし、強がりいうわけではなく、現存しない世界をイメージし、論理を突き詰めてこうして苦難と向き合うからブレイクアウトもやってくると思うのです。

実際、Miku開業から今こうしてブレイクアウトしブルーオーシャンコンセプトとして成長できているのは、苦難にぶち当たっても基本コンセプトを変えずに臨んだからだと確信していますし、このマーケット不況においても成長を維持することができてそのポテンシャルを極限化できているのだと考えています。なので決して焦ることなくそれでもスピードを上げて認知してもらえるように臨むことが重要であると考えています。また、こうした我慢の時にチームは思考を働かせて成長するものだと、これは機会の一つであるとも考えています。

IMG_0782

コンセプトそのものはこれからであり、まだこのスタイルも認知されてないだけにこれから受け入れてもらえるように臨むまでです。今の日本の外食市場はマーケット縮小の中での過当競争にあって、成長を画策するのは非常に難しい状況にあります。それでも、新しい時代を切り開くだけではなく、疲弊していく産業のあり方を革新的に変えるにはバリューイノベーションに臨む以外ありません。

IMG_1021

働く人たちがやりがいや希望を抱ける産業にすることが、しいては店舗でゲストの皆様に多くの喜びを見出すことにつながり、外食産業が栄えある産業としてあり続ける礎になると僕は信じているので、双方を有しているこのコンセプトをブレイクアウトさせて、グローバルブランドにするという目標は変えることなく臨みます。

IMG_1018

ブルーオーシャンコンセプト「Marukatsu」はこれからなのですが、待ってもいられないのでもうひとつイノベーティンブコンセプトをここで誕生させます。虎コーポレーションがオペレーションする”炙り寿司 虎”という回転寿司。これは一世を風靡した均一寿司の合理化戦略にグルメ回転寿司の本物思考を限りなく融合させたタイプの次世代型回転寿司です。宮崎空港近くの本郷店にて6/18ー22でプレオープン23日がグランドオープンです。

カナダにおいても大きな投資を有したTorontoが軌道に乗ってきたのでこれからAburiマルチブランドでのドミナント戦略をスタートさせる計画です。

 

やはり世界一への道のりは険しい、、、、でもそれがいい!世界一のグローバルブランドを作る可能性も’、イメージもここカナダで確信することができました。真意は内に秘めてこれからも勇気を持ってチャレンジしていきます!

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP